安倍晋三首相は25日の記者会見で、国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長が東京五輪中止の可能性に言及したことへの見解を問われ、直接的な論評は避けつつ、「国内外の英知を結集して治療薬とワクチンの開発を急ぎたい。五輪を開催する上で治療薬とワクチンは極めて重要だ」と述べた。
 首相は「新型コロナウイルスとの闘いは長期戦も覚悟しなければならない。来年夏に人類が新型コロナウイルスに完全に打ち勝った証しとして、完全な形で大会を開催したい」と重ねて強調した。 (C)時事通信社