政府・与党は25日、児童扶養手当を受給している低所得のひとり親家庭に臨時特別給付金として5万円を支給する方針を固めた。第2子以降は3万円を加算する。新型コロナウイルス感染拡大の影響で困窮しているひとり親を支援するのが狙い。同手当を受けていないひとり親も収入が大きく減ったことが確認できれば対象とする。
 2020年度第2次補正予算案に関連経費を計上する。 (C)時事通信社