【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は25日の記者会見で、トランプ米大統領が最近まで新型コロナウイルスに有効として服用していた抗マラリア薬「ヒドロキシクロロキン」について、新型コロナ治療薬としての国際的な治験を「一時的に停止する」と発表した。
 WHOは、「連帯治験」の計画名で、世界各国の病院などと協力し、複数の医薬品の治験を実施。ヒドロキシクロロキンも対象に含まれていたが、医学誌ランセットが22日、新型コロナ感染者への副作用の可能性を指摘する論文を掲載。同計画への参加国が治験停止を決めたという。他の医薬品の治験は継続する。
 テドロス氏は、本来の用途である抗マラリア薬として服用する場合は「一般的に安全とされている」と強調した。 (C)時事通信社