世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は25日、緊急事態宣言が全国で解除された日本の新型コロナウイルス対策について「成功している」と評価した。ジュネーブのWHO本部で開かれた定例記者会見で語った。
 テドロス氏は会見で、「ピーク時は1日当たり700人以上の感染者が確認されたが、今は40人前後に減った。死者も最小限にとどまっている」と指摘。その上で「(緊急事態宣言が)解除されても基礎的な措置は取り続けなければならない」と述べ、感染者の確認や追跡、隔離といった措置の継続に期待を示した。 (C)時事通信社