【北京時事】中国外務省の趙立堅副報道局長は26日の記者会見で、安倍晋三首相が新型コロナウイルスの感染が「中国から世界に広がったのは事実だ」と述べたことについて「ウイルスの発生源を政治問題化し、汚名を着せることに断固反対する」と反発した。さらに、趙氏は「(首相発言は)中日両国の共同のウイルス対策の努力と期待に反する」と批判した。
 中国政府はウイルスの発生源は「中国とは限らない」という立場を取っている。趙氏は発生源の特定は「科学的な問題だ」と改めて強調した。趙氏はツイッターで、最初に感染が拡大した湖北省武漢市に米軍がウイルスを持ち込んだ可能性があるという説を提起したことがある。 (C)時事通信社