大阪府は28日、新型コロナウイルス対策本部会議で、ライブハウスやスポーツジム、バーなどクラスター(感染者集団)が発生した施設への休業要請を6月1日に全面解除すると決めた。原則着席でのライブを求めるなど独自の感染防止指針も取りまとめた。
 営業再開に際しては、府が開発したQRコードを使った感染者追跡システムの導入や利用者の名簿作成を条件とする。今後クラスターが発生した場合は、休業要請を再度検討する。
 ライブハウスを対象とした独自の感染防止指針では、ライブは原則着席とし、ステージと客席の間を2メートル以上空けるか、透明のカーテンを設置するよう要請した。 (C)時事通信社