新型コロナウイルスに感染した患者について、厚生労働省は29日、発症から14日間経過し、かつ症状改善から72時間が過ぎればPCR検査を受けなくても退院できるよう基準を見直した。国内外の研究で、感染者は発症日から7~10日過ぎると、他人に感染させるリスクが低いことが分かったため。近く都道府県などに通知する。
 厚労省によると、入院患者は現在、症状改善から24時間後に受けた最初のPCR検査と、さらに24時間以上空けた再検査で陰性なら退院できる。医療体制が厳しい地域では、宿泊施設や自宅で療養を開始後14日間経過すれば、PCR検査なしでの療養解除が認められている。
 今後は、発症から14日間、改善から72時間経過すれば、PCR検査なしに退院できる。発症から10日以内に改善した場合は、PCR検査2回で退院可能。自宅療養者らは、発症から14日間経過し、かつ改善から72時間たてば療養解除になる。
 一方、濃厚接触者は従来、発熱などの症状が表れればPCR検査を行っていた。同省は、感染者を速やかに発見するため、症状の有無に関係なくPCR検査の対象に含めることにした。 (C)時事通信社