東京都は29日、新型コロナウイルス対策本部会議を開き、3段階で休業要請を緩和するロードマップ(行程表)に基づいて、6月1日午前0時に第2段階に移行することを決めた。学習塾や映画館、商業施設、スポーツジムなど幅広い施設を対象に緩和する。営業再開に当たっては、感染防止対策の徹底を求めた。
 小池百合子知事は記者会見で、「ウイルスとの闘いは長期にわたる。事業者と利用者は感染防止に努めてもらいたい」と強調。都や業界団体のガイドラインに基づき、予防策を講じるよう訴えた。
 28日時点の1日の新規感染者数(直近7日間平均)は9.0人で、都の緩和の目安(20人未満)を下回った。医師や経済専門家らを交えた審議会は同日夜、病床が十分確保されていることも踏まえ、第2段階への移行について「妥当」と判断。一方、ここ数日の感染者のうち、接待を伴う飲食店との関連が疑われる事例があり、小池知事は「夜の繁華街への外出は注意していただきたい」と述べた。 (C)時事通信社