【モスクワ時事】ロシアの首都モスクワの4月の新型コロナウイルスによる死者数について、636人から2倍以上の1561人に上方修正される可能性が出てきた。タス通信などが28日報じた。モスクワ市保健当局が世界保健機関(WHO)の死因判定基準を導入したためという。
 ロシアの死者数は約4400人で、米国などに比べて大幅に少ないが、今後上方修正される可能性がある。
 モスクワ市保健当局によれば、新型コロナの検査で陽性だったにもかかわらず、他の死因と診断された人が756人いた。また、検査では陰性だったが、症状から新型コロナで死亡したとみられる人が169人いたという。 (C)時事通信社