西村康稔経済再生担当相は29日の記者会見で、新型コロナウイルス対策の緊急事態宣言の発令や解除の可否を感染症専門家らが議論する「基本的対処方針等諮問委員会」について、発言者や発言内容を盛り込んだ議事録を作成していることを明らかにした。「現在作業を進めている。政策の決定、了解を行う会議で、発言者や発言内容を含めて作成する」と述べた。
 一方、感染症専門家が政府への提言などを議論する「専門家会議」が議事録を作成していなかったことについては、「自由に率直に政府へ提言を出されたりする。性格が違う」と説明。発言者を明示しない議事概要を作成していることを挙げ、「検証に応えられるだけの記録を残している」と強調した。 (C)時事通信社