新型コロナウイルス対策を議論する政府専門家会議の脇田隆字座長は29日夜、同会議の記者会見で、発言者を明示した議事録が作成されていないことについて「一番大事なのはどのように議論して、どのような提言をしたかを伝えることだ。(議事録を作成するかどうかは)われわれが決めるのではなく、政府が決めることだ」と述べた。
 尾身茂・副座長も議事録作成について「基本的には政府が決めること」とした上で、「どんな情報を基に政府に提言したかをしっかり説明するのが私どもの責任。提言書や記者会見を通し、しっかり説明してきた」と述べた。
 さらに、29日の会議で委員の一人から議事録作成について「ぜひ国としてもちゃんと検討してほしい」との発言があったことを明かした。 (C)時事通信社