自民党の岸田文雄政調会長は29日夜のBSフジ番組で、新型コロナウイルスに関する緊急事態宣言の実効性を高めるため、新型インフルエンザ対策特別措置法の再改正を検討する考えを示した。
 岸田氏は休業要請を受けても一部パチンコ店が営業を続けていたことを問題視した上で「正直者がばかを見るようなことになりかねない」と指摘。罰則規定の新設などが検討課題になるとみられる。 (C)時事通信社