長崎市に停泊中、新型コロナウイルスのクラスター(感染者集団)が発生したイタリア籍のクルーズ船「コスタ・アトランチカ」が31日、三菱重工業長崎造船所香焼工場からフィリピン・マニラに向けて出港した。28日までに船内の乗員全員の陰性が確認され、出発が可能となった。
 同船では4月20日以降、乗員約600人のうち149人の感染を確認。乗員は船内の個室で待機し、陰性が確認された人から順次帰国を始め、5月31日までに495人が帰国した。市内の医療機関に入院中の6人は、治療が終わり次第帰国する。 (C)時事通信社