千葉市は1日、QRコードを活用し、店舗などの利用者や従業員から新型コロナウイルスの感染者を確認した場合、接触した可能性のある客らにメールで通知する「千葉市コロナ追跡サービス」の運用を始めた。早期に注意喚起して外出を控えたり、症状があれば相談窓口に連絡してもらったりし、感染拡大を防ぐのが狙い。
 追跡サービスは、飲食店や公共施設、イベント会場などでの活用を想定。市内事業者が市に利用を申請し、発行されたQRコードを店の入り口や客席に掲示する。
 来場者はQRコードをスマートフォンで読み取り、利用日やメールアドレスを登録。感染者が出ると、同じ日に来ていた登録者に注意喚起のメールが届く。使用料は事業者、登録者とも無料。 (C)時事通信社