新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査について、厚生労働省は2日、発症から9日以内であれば唾液を検体として使用することを認めると発表した。鼻の奥などの粘液を使う従来の方法より簡単で、採取する人の感染防止にもつながる。国立感染症研究所が2日付で検体採取のマニュアルを改め、同省は公的医療保険の対象とする。
 厚労省によると、これまでは鼻の奥の粘液を綿棒で拭い取っていたため、採取には技術や慣れが必要だった。綿棒の刺激でくしゃみが出やすくなり、採取する人が感染するリスクも高かった。
 新しい方法は、検査を受ける人が自ら専用容器に唾液を入れるだけで済み、医療従事者らの感染リスクは低い。研究の結果、発症から9日程度までなら唾液からのウイルス検出率が高く、従来の方法と比べ精度に差も見られなかったという。 (C)時事通信社