新型コロナウイルス感染拡大に伴う緊急事態宣言の解除を受け、皇居・東御苑の一般公開が2日、約2カ月ぶりに再開した。
 東御苑の入り口となる大手門には開園時間の午前9時ごろからマスク姿の人たちが次々と訪れ、アルコール消毒をしてから中へ。ちょうど見頃を迎えたハナショウブなどを楽しんだ。
 皇居の一般参観も再開したが、午前中は参加希望者がなかった。宮内庁の担当者は「周知不足もあるが、自粛ムードがまだ続いている。ぜひ機会があれば見に来てほしい」と話した。 (C)時事通信社