厚生労働省は3日、医道審議会医道分科会の答申を受け、刑事事件で有罪が確定した歯科医2人を業務停止とする行政処分を決定した。発効は17日。
 業務停止期間は覚せい剤を使用した中島享彦歯科医(45)=北九州市=が2年、偽造した処方箋を使って向精神薬をだまし取った高良清美歯科医(45)=沖縄県浦添市=が1年。
 2人は2017年にそれぞれ執行猶予付きの有罪判決を受け、確定した。 (C)時事通信社