【パリ時事】イタリア政府は3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて実施していた入国制限を緩和し、欧州連合(EU)加盟国などからの観光客の受け入れを再開した。また、州をまたぐ国内での移動制限も大幅に緩和された。
 伊ANSA通信によると、ディマイオ外相は観光客の受け入れ再開を「イタリアが世界に安心感を与える重要なメッセージだ」と強調。イタリアが「再出発し、平常に戻る準備ができている」と訴えた。イタリアの累計感染者は23万人、死者は3万人を超えている。 (C)時事通信社