江藤拓農林水産相は5日の閣議後記者会見に、奈良県のブランド木材「吉野ヒノキ」で作った木製マスクを着けて登場した。同県が地元の高市早苗総務相から贈られたという。
 江藤氏は「木のいい匂いがする」と着用の感想。茶封筒のような色合いで、形状は一般的なマスクと変わらない。アルコールで除菌すれば繰り返し使える。新型コロナウイルスの感染予防にどの程度効果があるか分からないが、製造する奈良県のメーカーは「飛沫(ひまつ)防止には有効」としている。 (C)時事通信社