西村康稔経済再生担当相は6日の記者会見で、東京都の新型コロナウイルスの感染状況について「いわゆる『夜の街』の関係者の間で感染が増えていることに危機感を持っている」と述べた。その上で、小池百合子都知事と7日に会談し、キャバレーやナイトクラブなどでの感染防止策について、専門家も交えて協議することを明らかにした。
 西村氏は、都の直近1週間の新規感染者126人のうち、感染経路不明が59人に上ったと説明。この中の3割以上が、接待を伴う飲食店などの関係者だったと強調した。
 一方、西村氏は19日から「夜の街」の営業を全国で再開する目標は維持。感染防止ガイドラインの策定を急ぐ考えを改めて示した。 (C)時事通信社