【ニューヨーク時事】米ニューヨーク州のクオモ知事は6日の記者会見で、米国で最多の新型コロナウイルス感染者を出した同州の1日当たりの死者数が一時の800人近くから35人に減少したと指摘し、「大きな安堵(あんど)感」を表明した。制限してきたニューヨーク市の経済活動について、8日に一部再開する見通しを改めて示した。
 同州では感染の状況を見極めつつ地域ごとに制限の解除を進めているが、感染者が集中するニューヨーク市だけがまだ再開できていない。第1段階の再開対象は建設・製造業や、事前購入した商品の受け渡し限定での小売業など。 (C)時事通信社