西村康稔経済再生担当相は7日、東京都の小池百合子知事と内閣府で会談し、新型コロナウイルスに関し、夜の繁華街で新規感染者が相次いでいることを踏まえ、厚生労働省や都の関係部局が緊密に連携して対応することを確認した。ナイトクラブなどの従業員に定期的な検査を受けるよう勧めるほか、体調に関する相談窓口を設ける方針で一致した。
 会談で、西村氏はキャバレーやナイトクラブなど接客を伴う飲食店の営業に関して、近くガイドラインを取りまとめると説明。小池氏は、都としてもチェックリストを作成し、防止策を実施する店舗にはステッカーを配布する方針を示した。
 小池氏は会談後、記者団に「(防止対策に)大変真剣に取り組んでいる業者もいる。業界と共にやっていくことが重要との認識を共有した」と述べた。
 また両氏は、社会・経済活動を段階的に再開しても、引き続きテレワークやテレビ会議の推進に取り組むことも申し合わせた。西村氏は記者会見で、政府と都が連携し「下水に含まれるコロナウイルスの調査を実施していくことも確認した」と述べた。 (C)時事通信社