【北京時事】中国政府は7日発表した新型コロナウイルスの白書で、回復した患者延べ2765人から抗体を含む血漿(けっしょう)を取り出して延べ1689人に投与したと明らかにした。「比較的良好な治療効果が得られた」という。
 一方、ワクチンは5種類が臨床試験中で「全体として研究開発の進度は外国と並んでおり、一部の技術は世界をリードしている」と主張した。 (C)時事通信社