富士フイルム子会社の富士フイルム富山化学(東京)が進める新型コロナウイルスの候補薬「アビガン」の臨床試験(治験)が7月以降も継続する見通しであることが8日、分かった。6月末に終える計画だったが、感染者数の減少で治験対象者が減り、終了時期が確約できない状況という。
 アビガンは富士フイルム富山化学が開発し、国内では新型インフルエンザウイルス向けの医薬品として承認されている。新型コロナへの有効性と安全性を確認するため、参加者96人を目標とした治験を3月末に開始。ただ、感染者の減少で、計画には遅れが生じているもようだ。 (C)時事通信社