【ワシントン時事】米ワシントン大の保健指標評価研究所(IHME)は8日、新型コロナウイルスの感染による米国の死者数が、8月までに約14万5800人に上るとする予想を公表した。感染防止策として経済活動や移動に課されていた規制の緩和が進む中、5月下旬時点の予想から1万人余り上方修正した。
 全米で見ると、感染者数の増加ペースは徐々に低下しているものの、いち早く経済再開に踏み切ったジョージア州のほか、テキサス、フロリダ、ミネソタ各州などで下げ止まりや増加が見られる。ニューヨーク、ルイジアナ、ニュージャージーなど11州と首都ワシントンでは、新型コロナによる死者が人口10万人当たりで50人以上になる可能性があるという。 (C)時事通信社