ソフトバンクグループの孫正義会長兼社長は9日に開いたオンライン会合で、同社がグループ企業従業員や医療関係者を対象に実施した新型コロナウイルスの抗体検査で、陽性率が0.43%だったと明らかにした。対象者4万4066人のうち191人から陽性反応が出た。
 抗体検査により感染歴を調べることは実態解明などに役立つとされる。検査は5月12日から6月8日にかけ、グループ企業・取引先社員3万8216人と、検査への協力に応じた医療関係者5850人に実施。陽性率は医療機関で1.79%、企業では0.23%だった。 (C)時事通信社