新型コロナウイルスへの感染リスクを負いながら業務に当たる医療・介護従事者向けの国からの慰労金について、差し押さえを禁止する議員立法が12日の参院本会議で全会一致により可決、成立した。
 2020年度第2次補正予算には、最大20万円の慰労金を支給する経費が盛り込まれた。成立した法律は、受給者が債務を抱えている場合でも、確実に慰労金を使えるよう保全するのが目的。
 また、新型コロナの影響で経済的に困窮する低所得のひとり親家庭向けの臨時特別給付金に関しても、差し押さえを禁止する。 (C)時事通信社