第一三共は12日、新型コロナウイルスの感染症を予防するワクチンの開発に着手すると発表した。同社が参画する日本医療研究開発機構(AMED)が支援する研究で一定の成果が得られたため、開発主体として引き継ぐ。2021年3月ごろの臨床試験(治験)開始を目指す。 (C)時事通信社