【ワシントン時事】米疾病対策センター(CDC)のバトラー副所長(感染症担当)は12日、記者団に対し、新型コロナウイルスの感染者が劇的に増加すれば「3月に実施したような(移動規制などの)対策が再び必要になるかもしれない」と警告した。米各地で経済活動の規制緩和が進む中、一部の州で新規感染者が増加している状況に強い懸念を表明した。
 米各メディアによると、バトラー氏は「パンデミック(世界的流行)が終わったわけではない」と指摘。経済再開によって「これまでと異なるレベルでの感染が発生している」と警戒感を示した。一方、規制の再発動に関しては、各地での感染状況を踏まえて州や自治体が判断すべきだという考えも示した。 (C)時事通信社