【パリ時事】フランスのマクロン大統領は14日、テレビを通じて演説し、新型コロナウイルスの感染拡大防止のため遠隔授業や人数制限を行っている幼稚園から中学校までの教育機関について、22日から通常授業に戻すと発表した。マクロン氏は「ウイルスとの戦いは終わっていないが、最初の勝利をうれしく思う」と表明した。
 マクロン氏は、感染防止のため屋外のテラス席のみ営業が許可されていたパリおよび周辺地域の飲食店に関し、15日以降は他の地域と同様に屋内も含めた通常営業を再開すると発表した。
 また、28日に延期された統一地方選の第2回投票は予定通り行われると述べた。
 保健省によると、新型コロナによる仏国内の累計死者数は約2万9000人に上る。 (C)時事通信社