政府が全世帯に2枚ずつ配布している布マスク「アベノマスク」。市場にマスクが広く流通し始め、「小さい」「遅い、もういらない」と一部で批判を浴びる中、「捨てたり、家に眠らせておいたりするのはもったいない」と商品券と交換し、有効利用する動きが広がっている。
 1937年創業の老舗洋食店「レストランいけじゅう」(京都府南丹市)は、マスクを300円分の食事券と交換している。2代目オーナー池田勤さん(73)は、マスク配布を「愚策」と批判。その上で、「とんちんかんな政策でも無駄にするのはもったいない」と取り組みを始めた。マスクは2枚入り1セットを未開封の状態で集め、同市に寄付する。同市の担当者からは「配る所はあるので喜んでいただく」と言われたという。
 新型コロナウイルスの影響で、同店では3月以降客足が遠のき、4月の売り上げは例年の半分以下に。依然として苦しい状況が続き、池田さんは「客足が戻る一つのきっかけになってほしい」と商機に期待を寄せた。
 「想像以上の反響があった」というのは、徳島市内で薬局を展開し、食用藍を販売する「ボン・アーム」。「必要としている人に届け、有効に使えないか」と、4月にマスク2枚入り1セットを藍染めハンカチ1枚と交換すると告知したところ、全国からマスクが同社に殺到した。
 当初、6月20日をめどにハンカチ1000枚の交換を予定していたが、想定を上回ったため3000枚に増産。それでも5日に受け付けを中止した。マスクは必要とする介護施設や福祉事業所、自治体などに寄付するという。 (C)時事通信社