米ジョンズ・ホプキンス大学システム科学工学センター(CSSE)の集計によると、新型コロナウイルスの世界の感染者が日本時間16日、累計800万人に達した。米国で210万人を超え、ブラジルが90万人に迫るほか、ロシアも50万人を上回っている。
 4月3日に100万人だった世界の感染者は、10~13日間で100万人ずつ増え、5月31日に600万人になった。ところが700万人、800万人までそれぞれ8日間しかかからず、ペースが速まっている。
 背景にあるのは、世界保健機関(WHO)が「新たな震源地になった」と警告した南米での猛威だ。貧困が医療や感染対策を妨げるほか、南半球の冬を迎え、新型コロナ流行が収まる気配はない。また、欧州連合(EU)加盟国の多くは今月15日に域内の国境を開放しており、感染「第2波」も懸念される。
 世界の死者は43万人を超えている。米国が11万人以上と最多で、ブラジル、英国がそれぞれ4万人を上回った。 (C)時事通信社