菅義偉官房長官は16日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性を通知するスマートフォン向けアプリについて「利用者が増えることで感染拡大防止につながる。多くの皆さんに活用してほしい」と述べた。
 アプリは週内のリリースを目指している。菅氏によると、開発事業はコンサルティング会社「パーソルプロセス&テクノロジー」を通じて、日本マイクロソフトなど2社に委託。民間の技術者グループがアプリ作成に当たったという。 (C)時事通信社