【パリAFP時事】20歳未満の人が新型コロナウイルスに感染するリスクは、その他の年齢の人に比べて半分とする研究結果が16日、医学誌ネイチャー・メディシンで発表された。英ロンドン大学衛生熱帯医学大学院の研究チームが日本や中国、イタリアなど6カ国のデータを基に、感染症流行の数理モデルを使って計算した。
 また、新型コロナに感染した場合に発症する可能性を計算したところ、70代以上で69%に達するのに対し、10~19歳では21%にとどまるという。
 研究チームは、学校休校による感染防止への効果を調べるため、世界146の首都を対象にシミュレーションを実施。その結果、インフルエンザと比べて新型コロナの場合、休校の効果はほとんどないことも分かったという。 (C)時事通信社