塩野義製薬の子会社シオノギファーマ(大阪府摂津市)は18日、大阪大発の創薬ベンチャー「アンジェス」と阪大が開発を進めている新型コロナウイルスのワクチン製造に参画すると発表した。製造を担当するタカラバイオから、ワクチン中間体の製造を受託する。 (C)時事通信社