西村康稔経済再生担当相は18日、新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査について、実施対象の拡大を検討していると明らかにした。新宿区による「夜の街」の飲食店を対象とした集団検査を念頭に、「新宿区の取り組みを、東京都内あるいは全国に広げていきたい」と述べた。日本商工会議所の三村明夫会頭らとの意見交換会の終了後、記者団に語った。
 西村氏は「二次感染防止の観点から、リスクのある事業体には(集団検査を)ぜひ広げたい」と指摘。プロ野球で公式戦開幕前に全球団の選手、監督らにPCR検査を実施した例を参考に、企業などの自費による定期検査のやり方についても検討を進めると説明した。
 意見交換会では、日商側からは企業などが望めば、迅速で手軽に受けられる予防的な検査体制を求める声が出た。
 また、三村氏は今年度の最低賃金の引き上げ凍結を要請。西村氏は「(雇用・経済環境が)非常に厳しいという認識を踏まえ議論していく」と述べた。 (C)時事通信社