政府は19日午後、新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性を通知するスマートフォン向けアプリ「COCOA(ココア)」の提供を始めた。感染者と接触があった場合に利用者へ通知し、早期の検査につなげて感染拡大を抑えるのが狙い。
 加藤勝信厚生労働相は同日午前の閣議後記者会見で「利用者が増えることが感染拡大防止につながるので、積極的な活用を」と呼び掛けた。 (C)時事通信社