【ベルリン時事】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は19日、新型コロナウイルスについて、前日の世界の新規感染者が15万人超と過去最大となり、「パンデミック(世界的流行)は加速している」と表明した。その上で、都市封鎖などの解除による気の緩みに危機感を示した。
 テドロス氏は「世界は新たな、危険な段階に入った」と強調。「多くの人が家にとどまることにうんざりしており、各国は社会・経済活動の再開を熱望している」と指摘した上で「しかしこのウイルスは依然として急拡大しており、致死的だ」と警告した。 (C)時事通信社