【北京時事】中国政府は21日、食品卸売市場「新発地」で新型コロナウイルスの集団感染が発生した北京市で、20日に新規感染者22人を確認したと発表した。北京の感染者は11日以降の10日間で計227人となった。隣の河北省でも同市場と関連する感染者3人が報告された。
 北京市当局者は20日の記者会見で、5月30日~6月12日の間に新発地市場の訪問歴がない人は「感染リスクは極めて低い」と述べた。同市場は13日に封鎖された。市が13日から行っている大規模PCR検査の受診者は、20日までに約230万人に達した。 (C)時事通信社