【ワシントン時事】トランプ米大統領は20日に南部オクラホマ州で開いた選挙集会で、新型コロナウイルスの感染者増加は印象が悪いとして、政府に検査態勢の縮小を指示したことを明らかにした。米高官は「冗談だ」と釈明したが、野党民主党は反発。世界最多の感染者・死者が確認されている米国の実態を隠そうとする大統領の発言は、波紋を広げそうだ。
 トランプ氏は「検査をそれだけ実施すれば、より多くの感染者を見つけることになる」と説明。検査は「もろ刃の剣」だと聴衆に訴え、「関係者に『検査を抑えろ』と伝えた」と述べた。この日は、選挙集会の準備に当たったトランプ陣営スタッフ6人がコロナ検査で陽性になったと報じられ、感染拡大「第2波」が強く懸念されていた。 (C)時事通信社