菅義偉官房長官は22日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、罰則付き外出制限を可能にする新型インフルエンザ対策特別措置法の改正を求める意見があることについて、「私権の大きな制約を伴うので、慎重に考える必要がある」と述べた。 (C)時事通信社