【ニューヨーク時事】米バイオ医薬品企業ギリアド・サイエンシズは22日、日本などで新型コロナウイルス治療薬として使われている「レムデシビル」について、吸入するタイプの臨床試験(治験)を始めると発表した。現在利用されている点滴での投与より簡単に使えるとみられ、治療の幅が広がることが期待される。
 健康な人を対象とする安全性確認のための治験の対象者を今週選定。新型コロナ感染者への治験を8月にも始める見通しだ。 (C)時事通信社