【ビジネスワイヤ】医療技術のジーエヌコーポレーション(GNC、山梨県甲府市)は、補助食品「ニチグルカン」が免疫調節によって新型コロナウイルス感染症(COVID-19)治療に役立つ可能性があると発表した。Frontiers・in・Immunology・Journal誌に掲載された論文では、糖尿病、腎疾患、心疾患などの併存疾患を抱える患者でニチグルカンによるCOVID-19治療効果の臨床研究を提唱している。ニチグルカンは黒酵母アウレオバシジウム・プルランスのAFO-202株が産生する水溶性グルカンの1種。ソフィ(高知県吾川郡)が製造し、GNCが販売している。(C)時事通信社