【北京時事】中国政府は23日、食品卸売市場で新型コロナウイルスの集団感染が発生した北京市で、発症した感染者13人を22日に新たに確認したと発表した。これで11日以降の北京の感染者は249人となった。これとは別に、北京では無症状感染者22人が隔離されている。
 北京市は集団感染発生以降、PCR検査能力を従来の2倍超の1日23万件まで拡大。不特定多数と接触する飲食店や宅配会社の従業員全員に検査を義務付け、感染拡大防止を図っている。 (C)時事通信社