【ビジネスワイヤ】地理情報システム(GIS)の米Esriは、サウジアラビアで初の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)ダッシュボードを立ち上げたと発表した。サウジアラビア保健省と協力して感染の発生や拡散状況、社会的脆弱(ぜいじゃく)性、医療機関の対応能力などをマッピングし、国内すべての症例を追跡できる公式データベースとなっている。これにより政府や保健当局は、地理情報に基づいた正確なデータによる効果的なCOVID-19の監視と対策が可能となった。研究者や一般ユーザーがデータをダウンロードして自らの分析に使用することもできる。(C)時事通信社