国内では24日、新たに95人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京都では55人の感染が判明。都で1日当たりの感染者数が50人を超えるのは5月5日以来で、同月25日に緊急事態宣言が解除されて以降最多となった。
 北海道では小樽市でクラスター(感染者集団)が発生するなど10人が感染。死者は北海道、東京などで4人増え、累計では982人となった。
 東京の新規感染者のうち、23人は感染経路が不明。12人はホストクラブの従業員で、新宿区などが実施した集団検査で陽性が判明した。他に8人が接待を伴う飲食店など「夜の街」で感染したとみられる。
 また、同じ会社の社員9人の陽性が新たに判明した。23日までに同社の別の7人が感染しており、都はクラスターが発生したと認定した。都によると、社員の一部で飲み会を開いていたという。
 小樽市では、昼間にカラオケを提供する飲食店の利用者ら男女9人の感染が判明した。市によると、感染したのは飲食店の利用者7人と経営者1人、利用者の家族1人。利用者はカラオケサークルの活動で、定期的に店舗を利用していたとみられる。
 同市内での感染確認は5月8日以来で、クラスター発生は初めて。迫俊哉市長は記者会見で「これまでにない件数の感染者が一度に出ている」と危機感を示した。 (C)時事通信社