人工知能(AI)を使った新型コロナウイルス感染対策を検討する政府の専門家会議は24日、テレビ会議方式で初会合を開催した。今後は計算速度で世界1位となったスーパーコンピューター「富岳」の活用も視野に、AIや感染症の専門家が多様なデータを分析し、効果的な感染抑制策を検証する。
 西村康稔経済再生担当相は会合冒頭、「これまでの感染対策で得たデータや知見を今後に生かす」と述べ、感染第2波への備えを急ぐ方針を表明。富岳の活用にも意欲を見せた。
 専門家会議は今後、企業や自治体が持つ大量の移動・接触データの解析などを検討する。政府は京都大の山中伸弥教授らが委員を務める有識者会議も設置しており、5月までの行動自粛措置の効果などを分析する。 (C)時事通信社