英製薬大手アストラゼネカは26日、同国のオックスフォード大学と共同開発を進めている新型コロナウイルスのワクチンについて、日本国内への供給に向け日本政府と具体的な協議を始めることで合意したと発表した。製造・流通面では第一三共、明治ホールディングス(HD)などの国内企業も協力し、安定的な供給体制の構築を目指す。 (C)時事通信社