任期満了に伴う日本医師会(日医)の会長選挙が27日、東京都内で行われ、副会長の中川俊男氏(69)が5期目を目指した現職の横倉義武氏(75)を破り、初当選した。日医は自民党の有力な支持団体。横倉氏は安倍政権と緊密な関係を保ち、診療報酬改定や新型コロナウイルス対応をめぐる政府との調整で存在感を示してきたが、会長交代によりこうした関係が変化する可能性がある。
 中川氏は会長選出を受けた代議員らへのあいさつで、政府との関係を念頭に「圧力に負けない、堂々とものを言える日医に変えていく」と強調。この後の記者会見では、新型コロナへの対応などに関し「会長が代わったからといって緩むことはない。エネルギーを倍加して進める」と語った。また、横倉氏に名誉会長への就任を要請したことを明らかにした。
 代議員による投票数371票の内訳は、中川氏が191票、横倉氏が174票、白票4票、無効2票だった。
 今回の会長選は、当初退任の意向を示していた横倉氏が「多くの人から翻意を強く求められ、継続的に事に当たる必要があると確信した」として一転出馬。一方、中川氏は、横倉氏が2012年から8年にわたり会長を務めたことから、「今回は自分の出番が回ってきた」として立候補し、激しい選挙戦になった。
 中川氏は北海道医師会出身。10年から日医副会長を務めていた。会長の任期は27日から2年。 (C)時事通信社