マイナンバーカードを持つ人を対象に、買い物などで使えるポイントを還元する消費活性化策「マイナポイント」の利用申し込みが7月から始まる。電子マネーにチャージしたりQR決済で買い物をしたりすると、5000円を上限に25%分のポイントを受け取れる。還元は9月からスタートする予定で、総務省はこれを機にカードの普及率アップを狙う。
 利用にはマイナンバーカードが必要。まずは、ポイントを管理する口座に当たる「マイキーID」を設定しなければならない。7月から可能となる申し込みでは、専用サイトなどにアクセスし、ポイント付与の対象となる決済方法を指定。交通系電子マネーやQRコード、クレジットカードなど100を超えるキャッシュレスサービスから選べる。9月から2021年3月末までの7カ月間、そのサービスを利用すればポイントが付与される。
 現在、マイナンバーカードの交付枚数は約2200万枚で、普及率は2割弱にとどまる。総務省はマイナポイントの予算を4000万人分確保し、カードの取得促進に弾みをつけたい考えだ。
 一方で懸念もある。新型コロナウイルス対策のための1人10万円の特別定額給付金をめぐり、マイナンバーカードを使ったオンライン申請では、暗証番号を忘れた人が再設定のため市町村窓口に殺到。システムへのアクセスが集中し、一時的に処理が遅れる事態を招いた。マイナポイントの申し込みでは、別の4桁の暗証番号が必要で、給付金のときと同じようなトラブルが発生する恐れもある。
 これに対し、総務省は20年度第2次補正予算にシステム増強経費を計上するなど対策に取り組んでいる。担当者は「申し込み開始までに関連するシステムを優先して対応する」と話している。 (C)時事通信社